大阪市で家を売却したい方必見!口コミや評判の良い、おすすめの不動産売却業者を紹介しています!

不動産売却で失敗する人の共通点とは?原因と対策法も解説

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/04/20

多くの人にとって不動産を売却するという機会は一生のうちにそう何度もあることではありません。そのため、失敗はつきものですが、大きな失敗は避けたいものです。こちらでは、不動産売却で失敗してしまう人の共通点を取り上げ、その原因となっていることと共に対策についても解説し、特に大阪市で不動産売却に役立つ情報をお伝えします。

不動産売却のための知識不足ゆえの失敗と対策

不動産売却は多くの方にとって難しいこととはいえ、基本的なことを知っていることでより満足できる売却ができます。失敗してしまう原因の一つとなっているのが、売り時を考えずに売却に踏み切ってしまうことです。この売り時と言うのは、買い手側と売り手側の両方の意味合いがあります。

まず買い手側にとっての買い時は、引っ越しシーズンと呼ばれる春や秋のシーズンとなり、具体的には1月から3月、9月から11月となります。売り手はその時期に売却を進めると売りやすいと言うことになりますが、シーズンになってから売却希望を出してもすぐに売却を始められるわけではありません。

物件を査定したり、売却依頼をする不動産会社を選定したりと、実際に売却を始められるまでには1、2ヶ月かかることも少なくありません。売却の意思表明をしてから実際に売却を始められるまでにそれ相応の時間がかかることを知っておけば、計画倒れとなることはなくなるはずです。

また、売り手側が不動産をどれほどの期間、所有していたかにより譲渡税の額が変わってくるので注意が必要です。所有期間が長いほど譲渡税率が小さくなりますから、基本的な税金の知識を身に着けておけば、あと少し待てば税額が少なくなったのにという後悔はなくなるはずです。

さらには、相場を知らずに売却を始めるのも失敗の原因になります。近隣の同様の物件を参考にしたり、大阪市であれば不動産会社もたくさんあるので、複数の不動産会社に見積もりを出してもらうなどして相場をつかんでから売却すると失敗しないことでしょう。

不動産会社を選ぶ点での失敗と対策

不動産売却を行う上で、不動産会社を利用することは非常に役立ちますが、選び方を間違えないようにしたいものです。

たとえば、複数の不動産会社に見積もりを依頼したとしても、不動産の査定額を高く見積もってくれた会社に決めてしまうというのも失敗の原因となります。査定額はあくまで売れるであろう予想の金額です。確実に売れる金額とは異なります。

最近ではインターネットの普及で不動産価格を一括で査定してくれるサイトも登場していますから、それらを利用すると査定価格が適切かを確認できます。特に自分が売却したいエリアの販売実績が豊富なサイトや不動産会社を利用することで、より正確な価格を知ることができます。

また、契約内容があいまいなまま媒介契約をしてしまうことも後悔の原因となります。媒介契約には、一般媒介・専任媒介・専属専任媒介と数種類のタイプがあります。自分のエリアや物件で最適な契約を結ぶためにも、媒介契約の大まかな特性やメリット・デメリットだけでも知っておくとよいでしょう。

さらには、不動産会社の宣伝方法を確認しないで選んでしまうことも、売却価格や時期を左右しかねないため注意が必要です。最近ではネット広告が主流となっていますが、不動産会社によってはチラシなどのポスティングのみの宣伝しか行っていないところもまだあります。

多くの購入希望者の目に留まるような大手広告サイトなどを利用しているか、熱心に宣伝するスタンスかも成否を左右しますから、大阪市で不動産会社を選ぶ際に確認することが大切です。

購入希望者の気持ちを考えないで失敗するケースと対策

不動産会社の活用により、無事購入希望者が出てきたとします。購入希望者が現れたからといって、すんなりと購入に結び付けられるわけではないので注意が必要です。特にこちらの対応によっては購入したい気持ちを薄れさせてしまうことがあります。

その一つの点が、購入希望者の見学時の対応です。売却したい物件にまだ居住を続けている場合、部屋がきれいでなかったり、嫌な臭いがしたり、風呂やトイレなどに清潔感が感じられないと購入する気持ちがそがれてしまいます。また、押し入れやクローゼットなどの開示を拒否してしまうと、購入希望者は収納容量を把握できないため、入居後のイメージを持つことが難しくなります。

購入を希望する方が買いたいと思うお部屋をイメージして、特に汚れが目立つトイレやお風呂などはハウスクリーニング業者に依頼してあらかじめ掃除してもらったり、自分では部屋のにおいがわかりにくいため消臭剤を使ったりなど工夫することが大切になります。また、押し入れやクローゼットは物が入っていてもお見せすることで、かえって収納力の把握ができるため、積極的に開示するとよいでしょう。

加えて、購入希望者が提示してくる購入希望価格に一歩も歩み寄らない姿勢も売却のタイミングを逃す原因となります。希望する売却額と共に、この売却額であれば良しとするという最低価格を決めておくと、柔軟な対応ができ、売却時期を逃さないで済みます。

 

不動産売却で失敗してしまうのは、不動産売却のための基本的な知識の不足や不動産会社選定の誤り、購入希望者の気持ちを考えないことにあります。

それぞれの点で知っておくべきことや見極めるべき点、自分で行動すべきことをご紹介しましたから、大阪市で不動産売却を希望している方は参考にしてみてください。

おすすめ関連記事




サイト内検索