大阪市で家を売却したい方必見!口コミや評判の良い、おすすめの不動産売却業者を紹介しています!

近鉄不動産の画像1

おすすめポイント丁寧なサポートとスピーディーな売却が魅力

社名の通り近鉄沿線の物件に強い近鉄不動産。近畿地方を中心とする地域密着型ではありますが、あの「あべのハルカス」を運営するなど、電鉄系不動産会社としては東急不動産に次ぐ規模を誇ります。

ハイリスクからローリスクまで3種類の販売方法を選べることも特徴のひとつ。高値で売却したい方にも、早急に売却したい方にも、確実に売却したい方にも、それぞれのニーズに寄り添った売却活動を展開してくれます。

「あべのハルカス」を運営する不動産会社

近鉄不動産株式会社は1968年創業。近畿地方を中心に45店舗を展開するほか、ビルとして日本一の高さを誇る「あべのハルカス」の運営を担当している企業でもあります。社名の通り近鉄沿線の物件に強く、沿線に住む方々からの信頼度は絶大ですが、同時に沿線外の物件には弱いため、利用層は限定的と言えるかもしれません。

ホームページでは、「南向きマンション特集」、「駅徒歩10分以内一戸建て特集」など、特徴ごとに物件を紹介するページが用意されています。しかしながら、「オープンハウス特集」のページでは関西圏で4件、「360度パノラマ画像特集」のページではすべてのエリアで0件と、充実しているとは言い難い内容となってしまっています。「オープンハウス」に関しては時期によっても異なるでしょうが、「360度パノラマ画像」は今後より多くの物件で導入されることを期待したいところです。

近鉄不動産の売却活動

売主・買主双方に好評な「オープンハウス」

近鉄不動産では、売却依頼を受けた物件は、まず購入依頼顧客に紹介し、早期売却を目指します。また、自社ホームページや不動産ポータルサイトへの掲載、新聞折り込み、ポスティング、レインズへの登録(専属専任媒介契約・専任媒介契約を結んだ場合)などにより、宣伝・広告活動を展開します。

近鉄不動産が特に力を入れるのが「オープンハウス」です。物件のセールスポイントを熟知した営業担当が一日待機し、購入希望の方を案内してくれます。早く売却したい気持ちが先行して、訪れた方につい売り込みをしてしまう方もいますが、物件の案内は担当者にお任せし、見学者が自由に見て回れる雰囲気づくりをするように心がけることが大切です。

選べる販売方法

近鉄不動産では、市場の動向や売主の要望に合わせ、3つの販売方法を用意しています。

1つ目は、ハイリスクな「チャレンジプラン」です。査定価格よりも高い販売価格の設定期間を設け、高額成約のチャンスを作ります。ただし、競合不動産のアシストになってしまい、成約に時間がかかったり、売れ残りの印象がついてしまい、大幅な値下げが必要となる可能性もあります。

2つ目は、ノーマルな「スタンダードプラン」です。市場のニーズをとらえ、販売価格と販売期間のバランスを重視し、最適な条件での売却を目指します。

3つ目は、ローリスクな「スピードプラン」です。査定価格前後で売り出すことで、早期売却を図ります。短期間で売却できるため労力は最小限に抑えられますが、高額で成約できるチャンスは失います。

売主・買主双方に安心な「あんしんサポート」

住宅設備と建物瑕疵に対する手厚いサポートサービス

通常、設備の不具合に関しては引き渡し後7日以内、建物の瑕疵に関しては引き渡し後3か月間は、売主が修理・補修費用を負担することになっています。しかし売主としても、新居への住み替え等で売却資金を使ってしまい手元にお金がない、想定外の出費は困るという方もいるでしょう。

そこで近鉄不動産では、引き渡し後7日間(買主は最初の7日間を除く1年間)の「住宅設備保証サービス」と、引き渡し後3か月間(買主は4か月目から9か月間)の「建物瑕疵保証サービス」という2つの保証サービス、「あんしんサポート」を用意しています。

「住宅設備保証サービス」では、キッチンや浴室などの設備機器の検査・点検を行い、不具合があれば補修を行います。補修限度額は、製造から10年以下のものであれば10万円、10年以上のものであれば2~6万円となっています。また「住宅設備保証サービス」を利用される方は、水回りのトラブル、窓ガラスのトラブル、鍵のトラブルに対して24時間駆けつけて一次対応を行ってくれる「24時間緊急対応サービス」も併せて利用することができます。

「建物瑕疵保証サービス」では、建物の主要部分(屋外・屋内・給排水管)の検査・点検、およびシロアリ検査を行います。建物主要部分の保証限度額は200万円、シロアリ対策の保証限度額は50万円となっています。

これらの「あんしんサポート」を利用すれば「保証サービス適用物件」として売却活動ができるほか、買主との間のトラブル防止にも役立ちます。なお、「あんしんサポート」を適用できる条件としては、専属専任媒介契約または専任媒介契約を結んでいること、築25年以内など複数の要件がありますので、ホームページなどであらかじめ確認しておくようにしてください。

ALSOKによる「空家巡回サービス」

近鉄不動産ではALSOKと提携。専属専任媒介契約または専任媒介契約を締結した方で、1か月以上空家となっている戸建て物件であれば、敷地内の見回りや投函物の回収などを行ってくれる「空家巡回サービス」を利用することもできます。空家による犯罪の発生を抑止し、普段は住んでいない物件も安心して売却活動をすることができます。

「空家巡回サービス」を利用するためには他にもいくつかの要件がありますので、詳細はご確認ください。

売却の流れ

近鉄不動産で物件を売却する流れについて説明します。

①価格査定
地図や近隣の取引事例、公示価格などを参考に簡易的に算出する「机上査定」と、実際に営業担当が現地に出向き、高い精度で算出する「訪問査定」の2種類があります。
②販売方法の提案
上述した「チャレンジプラン」、「スタンダードプラン」、「スピードプラン」の中から、売主の要望も鑑みた上で最適な販売方法を提案してくれます。
③媒介契約の締結
専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3種類から選ぶことができますが、情報の一元管理ができるなどの理由から、近鉄不動産では専属専任媒介契約または専任媒介契約のどちらかをおすすめしています。また、「建物状況調査(インスペクション)」を希望する場合は検査会社を紹介してもらうこともできます。
④販売活動の開始
販売価格を決定し、幅広い媒体を活用してひとりでも多くの購入希望者へ物件を紹介します。オープンハウスの開催はもちろん、個別の内覧の対応もすべてお任せできます。
⑤不動産売買契約の締結
買主が決まったら、不動産売買契約を締結します。売主・買主双方が納得できるよう、引き渡しの時期や代金の支払い方法などの契約条件を交渉・調整してくれます。
⑥決済および引き渡し
最終代金の受領から所有権の移転、引き渡しまで、最後まで責任をもって仲介してくれます。必要な書類の案内など、煩わしい手続きもしっかりサポートしてもらえるので安心です。

近鉄不動産の画像

近鉄不動産

近鉄沿線の物件に強い!

公式サイトで詳細を見る

住み替えガイド

物件を売却する方の多くは、次に住む家を購入するところまで含めた「住み替え」を目的にしているのではないでしょうか。近鉄不動産のホームページでは、そんな家の住み替えを検討している方へ向けた「住み替えガイド」を掲載しています。

売却編

①価格査定
査定価格とは「今売り出せばおおむね3か月以内に売却できる価格」のこと。近鉄不動産では、売主に住宅市場を理解してもらうため、取引事例や売り出し中物件の情報を提供し、要望を踏まえたうえで総合的に売り出し価格を決定します。
②媒介契約
専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約それぞれの特徴について解説しています。
③売却活動
近鉄不動産の行う売却活動の内容や、内覧時の注意点など売却活動期間中に押さえたいポイントについて解説しています。
④売却諸費用
売却にかかる税金や仲介手数料などについて解説しています。
⑤売却のスケジュール
このページを印刷することで、媒介契約を結ぶ日や売り出しを開始する日などの日程が書き込めるようになっています。また、印鑑や本人確認書類など、各段階ごとに必要なものがリストアップされています。

購入編

①希望条件項目の確認
このページを印刷することで、なぜ購入するのかという動機や、間取りや支払い上限などの希望する条件を書き込めるようになっています。
②資金計画のたて方
年収や自己資金を書き込むことで、住宅ローンの借入可能額や購入予算などが簡単に分かる計算式が表示されています。
③住宅ローンの種類
民間融資、フラット35、財形住宅融資それぞれの特徴や条件などについて解説しています。
④返済計画
住宅ローンの返済方法や金利の種類について解説しています。
⑤購入諸費用
購入にかかる税金や各種手数料について解説しています。
⑥購入のスケジュール
このページを印刷することで、売買契約を結ぶ日や住宅ローンの申し込みをする日などの日程が書き込めるほか、認印、実印など各段階ごとに必要なものがリストアップされています。
⑦物件資料の読み方
物件資料に出てくる不動産専門用語について、マンション・一戸建てそれぞれ解説しています。
⑧現地見学のポイント
このページを印刷し現地見学に持参することで、必要なポイントをチェックできるようになっています。

契約編

①重要事項説明
判を押す前に知っておきたい、重要事項説明時のチェックポイントについて解説しています。
②売買契約
サインする前に知っておきたい、不動産売買契約書のチェックポイントについて解説しています。
③決済と引渡し
引き渡しまでの、売主・買主それぞれのプロセスについて解説しています。

まとめ

売主の要望に合わせて3種類の販売方法から選ぶことができ、売主・買主双方に安心な「あんしんサポート」を用意している近鉄不動産。「住み替えガイド」は初心者の方でも不動産の売却や購入についての基礎知識を得ることができる、充実した内容になっています。

大阪府内には、法人営業センターを含めて13の営業所があります。近鉄不動産への仲介依頼を検討される方は、売却予定の物件の近くの営業所へ問い合わせをしてみてください。無料査定依頼・売却相談はメールフォームからの相談も可能です。また、営業担当者紹介のページでは、顔写真や担当地域、所有資格、趣味、自己PRが掲載されており、特定の担当者へ直接問い合わせることも可能です。

また、毎月複数の営業所において、無料の不動産税務相談会も開催しています。税理士・司法書士が不動産の税に関する相談に乗ってくれるので、相続などで悩んでいる方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか。なお、1組1時間の予約制となっているので、参加を希望する方は開催される営業所と日時をホームページで確認してみてください。

近鉄不動産を利用した方の口コミ・評判を集めてみました!

お客様を第一に考える丁寧な会社

嫁の実家の売却をしようとしていくつか不動産会社に電話で見積もりを依頼しました。自分の家からだいぶん離れていてなかなか行けないので、対応の丁寧なところを探していました。いくつか電話した中で一番応対がよかったのが近鉄不動産販売でした。

本当は現地でお会いして話をしたかったのですがわたくしが忙しく、先に現場を見てもらいました。写真を撮ってくださりここがこうなってるから改善すればはやく売却できますよ、、とかここは地域がいいので少し強気で出しても売れると思いますなど、メールや電話で細かく対応してくれました。

私の仕事が遅いのでいつも遅い時間に対応してくれ嫌な感じを一切出さなかったのも人柄の良さがわかってお願いした甲斐があるなと思ってました。

売却の正式依頼から2日目に相場より少し高めに売れました。チラシにも載せてないうちで早くてほっとしました。近鉄不動産販売でお願いしてよかったです

引用元:https://www.merkur-volkslauf-wildon.com/kintetsurecojp-kutikomi/

→他社の不動産会社と比較をした上で、電話の対応が一番丁寧だったことが決め手だったようですね。電話というのは表情が見えないため、声色や話し方でお客様は判断するため、対応が良いと感じる電話対応ができていたことは会社の社風の良さがにじみ出ていた結果であると考えられます。

また売却物件の改善点やメリットを的確に理解し、本人が現地に行けなくても代わりにメールや電話で丁寧に現状を伝えている点からも、対応力の良さが伝わってきます。また遅い時間での相談になってしまっても、変わらずに真摯な対応で不動産売却を進めていく姿勢からもお客様を第一に考えた対応ができる会社であると考えられます。

的確なアドバイスによるスムーズな不動産売却

一軒家に一人で住んでいる親がマンションへ引越しをした為、実家を売却することになりました。
現在、親が新しく住んでいる中古マンションを紹介して下さった会社が近鉄不動産でした。担当者の方に様々な形(リフォームや引越しなど)でお世話になったため、実家の売却も近鉄不動産にお願いすることにしました。

「売却の相談にも乗っていただけますか?」と、こちらから話すまでは、営業的な話を一切してこなかった点と(マンションを探していた際、他の数件の不動産会社を数回訪れましたが、希望に叶うマンションを見つける前から「売却も一緒に」と言われることが多ったです。)、マンション見学の際に、住人の方達へ丁寧な対応をされていた点も好感が持てました。

(他の不動産会社の担当者の方達は、私達には丁寧な対応をしてくれるのですが、住人の方達への対応が少し横柄に感じました。)

売却の相談をしたらすぐに見積りの対応してくれました。その際、周辺の同じような条件(古家付きの土地など)の資料(過去の売却価格や、現在売り出し中の価格など)も持参されていたため、相場や売り方(古家を解体するか否か等)が明確になりました。見積り金額は想像よりも良かったです。専任媒介契約をして、担当者がアドバイスしてくれた金額で売り出したところ、とんとん拍子で買主さんが見つかりました。

引用元:https://www.merkur-volkslauf-wildon.com/kintetsurecojp-kutikomi/

→お客様が求めることを第一に考え、無理な営業を始めない会社というのは珍しく、近鉄不動産の良さであると感じます。利益だけを求めるのではなく、あくまでもお客様にとってより良い提案をし、解決していくことを大切にしている会社だと考えられます。

また見積もりの対応も迅速で、さまざまな資料も提示しながら進めていることからも売却する側も理解しながら安心して進めていくことができます。また売り方の提案も的確であったことから、見積もり金額も満足のいく価格となり、結果的にもすぐに買主さんが見つかったのだと感じます。

丁寧な対応と的確な売り方の提案ができる会社であると考えられます。

希望価格に近い不動産売却

親切な対応で、売却が思ったより早くできました。こちらの希望価格に近い金額でよかったです。大手不動産会社なので、信用があって、安心できます。友人にも推薦しました。アフターサービスもしっかりしています。広告塔の宣伝効果も大変良いですね。セールスマンの人柄もとても良かったです。今後もお世話になりたいです。

引用元:https://mikata.top/toushi/reviewers/216

不動産売却が想像よりも早くできたということはお客様にとってはとても嬉しいポイントですね。希望価格にも沿う形での売却となることで、お客様との間に信頼感が生まれます。

また希望価格での売却ができることは、営業の仕方も上手であり、売り出し方や宣伝方法においても的確で且つ、効果的に行えている会社であると考えられます。売り手も買い手も人柄の良さや会社の雰囲気は決め手となる大切な要素の一つであるため、営業マンの方の対応力も大きく関係していたと感じます。

アフターサービスもしっかりしていることもメリットでしょう。安心して不動産売却を依頼できる会社であると考えられます。

会社情報

・会社名:近鉄不動産

・住所:大阪市天王寺区上本町6-5-13 上本町新歌舞伎座ビル(上本町YUFURA)

・電話番号:0120-121-376

・受付時間:9:30~17:50/水・日曜日、祝日、年末年始等特別休業日定休

アクセス

法人営業センター大阪:大阪府大阪市中央区難波4-1-15 近鉄難波ビル5階
最寄り駅:近鉄難波駅、地下鉄千日前線なんば駅

梅田営業所:大阪府大阪市北区堂島2-2-2 近鉄堂島ビル18階
最寄り駅:JR東西線 北新地駅

京橋営業所:大阪府大阪市都島区東野田町2-9-7 K2ビル4階
最寄り駅:京阪本線 京橋駅

他大阪10店舗、関西を中心に展開

サイト内検索
記事一覧

【大阪市】おすすめの不動産売却業者一覧

イメージ
会社名トヨタホーム近畿株式会社住友不動産販売東急リバブル株式会社近鉄不動産福屋不動産販売
特徴有名なトヨタブランドが嬉しい!サービスや特典が充実している顧客満足度が高いオープンハウスの評判が良いホームページの内容が充実している
詳細リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら