大阪市で家を売却したい方必見!口コミや評判の良い、おすすめの不動産売却業者を紹介しています!

不動産売却をして住み替えたい!流れとタイミングを押さえておこう

公開日:2020/06/01  最終更新日:2020/06/08

マイホームを手放す理由として、住み替えと言うものがあります。目的はそれぞれですが、今住んでいるところよりも条件の良いところに移るわけですから、モチベーションの上がるイベントと言えます。

できるだけスムーズに行うためにはタイミングが重要です。そのために全体の流れを理解して、何をすべきかを把握しておいた方が良いでしょう。

住み替えのための不動産売却の流れ

住み替えは不動産売却と不動産購入が、必ずセットになっています。ただし、同時に行う必要はなく、どちらかを優先することで資金繰りを楽にしたり、効率よく移転することが可能です。そのうちの売却について大まかな流れを把握しておきましょう。

不動産売却は個人で行うことはできません。そのため、まずは不動産会社の選別から始まります。購入とは違って、誰か買ってもらえる人を探してもらうための契約です。

中古不動産の売却は、とても大変な作業です。特に住んでいる状態で行うと、物件見学など面倒なことが多くなります。

無事に買い手が見つかった後は手続きになります。買い手と売却の契約を行うわけですが、不動産の手続きは戸惑うものばかりですが、不動産会社に任せてしまって、指示通りに実施すれば問題ありません。

そして最終的に受け渡しとなります。その時にはリフォームなども必要となるので、住んでいるところから受け渡しの前に出ていかなければいけません。その辺のタイミングについても不動産会社と相談して決めることになります。

新居の購入や引越しの手続き、場合によっては仮住まいの手配を済ませるなどのやらなければいけないことだらけですが、専門の方に任せておけば、問題が発生するようなことは起きないので安心です。

不動産売却は購入よりも面倒な手続きになるので十分な余裕を持って行うように心がけましょう。

不動産売却をするときの不動産会社との契約

不動産売却の時には不動産会社との契約が必要と言えますが、その契約方法にはいくつかの種類があります。不動産会社に売却について、買い手との間を取り持ってもらうので、そのままの意味で表現したのが媒介契約です。

その種類は、一般と専属専任、専任の3つになります。一般は複数の会社と契約する方法ですが、かなりの人気物件でない限りあまり積極的にサポートしてもらうことが難しい状況です。つまりどの不動産会社が売るかは売れてみないとわからないので、他社に先を越されたら苦労が無駄になる恐れもあります。だからあまり積極的に販売をしてもらうことが難しくなります。

専任は、一つの不動産会社に優先的にお願いする契約です。そのため他の不動産会社にお願いすることが出来なくなります。ただし、個人的に買い手を探すことは可能です。制限されるのは、他の会社と契約しないことのみになります。

専属専任の場合は、買い手を見つけるのは不動産会社だけであり、個人で探すことは許されません。他の会社が介入してくることももちろんありません。この契約の場合不動産会社は安心して買い手を探すことができます。売れ残ってしまうと不動産会社の問題になるので、必死度が異なります。特に自分で買い手を見つけるつもりがないようであれば、専属専任になった方が不動産会社の責任が大きくなるので、早く買い手を見つけることが可能です。

大阪市での不動産売却のタイミング

大阪市は大きな都市であることから、いろいろな人が住んでいます。特に転勤の方が多く、同じように住み替えを検討している方も多くいます。そのため大阪市で住み替え物件をさがすなら春か秋がおすすめのタイミングと言えます。

人事異動によって住む場所を変える人も少なくありません。年間で移動をする人が多いのが春と秋です。その時期であれば、多くの不動産情報が掲載されるので売りやすい時期と言えます。大阪市に転入してくる人に対して、積極的に売却活動を行うと効果的に進めることができるはずです。

また、あまり大きな物件でない場合は、新春、つまり年明けが一番の活性している時期と言えます。新たに大阪市に移り住んで来る時に、賃貸にするか購入するかを悩む人も少なくありません。そのような人に訴えかけられる物件でしたら、すぐに決まるでしょう。

なかなか買い手がつかないままで過ごしていると、いつ住み替えができるか不安になります。短期間で決まってもらえれば、安心して次のステップである購入に進めることが可能です。

不動産売却は新しい物件の購入のための費用となります。だからこそ、はやい段階で売れることは、心のゆとりになります。

あまり動きがない時期よりも、多くの人が活動する時期を狙った方が効率的です。その時期になる少し前から活動を始め、不動産会社と契約できればタイミングよく住み替えができるでしょう。

 

住宅などの不動産は大きな買い物ですが、タイミングがとても重要です。需要と供給がバランスよく感じられる時期の方が、売るのも買うのもスムーズに終わらせられます。その時期を逃さないように、周辺の動きに注目しておきましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧